葛飾区金町の歯医者 服部歯科医院

ご予約・お問合せ

Denture

入れ歯

ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャーとは金属の金具(バネ)のない部分いれ歯です。

通常の部分入れ歯には入れ歯が動かないようにするために、金属の金具(バネや留め具)が付いています。この金属の金具が、口を開けた時に見えてしまいます。

ノンクラスプデンチャーはこの金属の金具の代わりに、プラスチックの偽歯床で歯を支えます。また軽く柔らかい素材を使用しているため、曲がりやすく、違和感もありません。歯ぐきが透けるほど薄いので、装着しても目立ちません。

右前:ノンクラスプデンチャー
左奥:一般の入れ歯

ノンクラスプデンチャーとの比較

通常の入れ歯
  • 金属の金具(バネ、留め具)がついている
  • 素材が厚いので割れることがある
  • 違和感がある
  • 金具が残った歯に負担をかけることがある
ノンクラスプデンチャー
  • 金属を使用していない
  • 薄く柔らかい素材を使用しているため、違和感がない
  • 入れ歯と気づかれにくい