葛飾区金町の歯医者 服部歯科医院

ご予約・お問合せ

Bruxism

歯ぎしり

マウスピースによる歯軋り治療

人は様々な場面で顎を動かしています。会話をするとき、ものを食べるとき、力を入れるとき無意識に食いしばったり、寝ている間に歯ぎしりをしたり…etc.

歯ぎしりは歯へのダメージが大きく、歯に力が加わるたびに切端から摩耗していき、少しずつ削れていってしまいます。次第にエナメル質がなくなり、歯が脆くなることで、大きな力が加わった時に割れてしまうこともあります。 また、歯ぎしりが原因で「頭痛」「肩こり」「顎の痛み」「顎関節症」等、身体にも悪い影響を及ぼすことがあります。

マウスピースは夜寝るときに装着することにより、歯への負担を軽減することができ、食いしばりによる筋肉の緊張を緩和する効果があります。 歯ぎしりでお悩みの方は、ぜひ一度相談にいらしてください。